2010年01月12日

横浜・金沢区の化学工場で爆発、数人けが(読売新聞)

 7日午後5時50分頃、横浜市金沢区福浦の化学製品製造会社「日本カーリット」の工場で爆発があった。

 神奈川県警金沢署によると、爆発当時、工場には少なくとも従業員ら14人がおり、うち4人がけがをしているという。午後6時50分現在、工場5棟のうち3棟が倒壊し、別の2棟が燃えている。

 この工場では2008年4月7日にも従業員2人が死傷する爆発事故があり、昨年12月16日、県警が当時の工場長(58)ら3人を業務上過失致死傷容疑などで書類送検している。

秋物語
v3fgwh3zのブログ
競馬サイト
クレジットカード現金化 還元率
クレジットカード現金化
posted by オオクマ ヤスオ at 19:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1月中旬にも日米外相会談 「最終調整中」と藪中次官(産経新聞)

 【ワシントン=佐々木類】訪米中の藪中三十二外務事務次官は5日、岡田克也外相の訪米について「最終調整中だ」と語った。1月中旬にも日米外相会談が開かれる見通しだ。

 国務省でスタインバーグ国務副長官と会談後、記者団に語った。

 藪中氏はスタインバーグ国務副長官との会談で、日米同盟関係が東アジアの平和と安定にとって重要との認識で一致した。そのうえで、鳩山由紀夫首相が5月まで結論を先送りしている沖縄県の普天間飛行場(宜野湾市)の移設問題について、政府と社民、国民新両党が協議する場を立ち上げたことを説明した。藪中氏によると、米側は「(説明を)聞いていた」という。

 藪中氏は4日、フロノイ国防次官とも会談し、こうした日本政府の立場を伝えた。

【関連記事】
1月の外相訪米「協議中」 米国務省、普天間問題で
鳩山政権100日、各国メディアは厳しい採点
首相 普天間移設先「来年5月」と明言 岡田外相、クリントン氏に伝達 
クリントン長官、駐米大使を異例の呼び出し 普天間問題で米国の立場は不変 
民主内で強まる「日米中正三角形論」山岡氏、上海のシンポで展開

何だけあれ
たつおのブログ
競馬情報
競馬サイト
クレジットカード現金化
posted by オオクマ ヤスオ at 16:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。