2010年03月23日

2次元児童ポルノ 石原知事「僕の目で見届ける」(産経新聞)

 東京都の石原慎太郎知事は19日の定例会見で、子供の過激な性行為を描いた漫画やアニメなど「2次元児童ポルノ」の規制条例案について、都議会が継続審議を決めたことに「幸い継続審議になったので、そういうものを僕自身の目で見届ける。君(記者)が提供してくれ。参考にするから」と冗談交じりに話した。会見の詳報は以下の通り。

 「私から冒頭、申し上げることはございません。質問があったらどうぞ」

 −−築地市場の移転問題について。今日の都議会委員会で、民主党が移転関連予算の修正案の提出に向けて動いていると。共産党も同じく明言したが

 「いや、(修正案の)内容もつまびらかにしておりませんし。いままで行政が行政なりに理を尽くしてきたことですからね。修正を何の根拠と論拠をもってするのか承らないと、反論のしようもないけれども、今の段階で」

 −−民主党もマニフェストに掲げた政策ということもあり、妥協点が見えづらい状況が続いている

 「マニフェストに掲げたっていうのは党利党略でしかなくてね。そりゃ選挙やるからには、それぞれ主張があるでしょうけれど」

 「何であろうとマニフェストの対象にしたってね、築地なら築地の問題にしても、あくまで都民の利益、都民の立場というものを考え、しかも現場の方々の立場を考えた上で議論が尽くされるべきだと私は思います。ずいぶん(議論を)やってきたと思いますけれども、これからどういう修正案が出るのか、あるいは、どういう付帯決議になるのか。それを見極めた上で、こちらも態度を決めると思います。はい」

 −−関連で。先週金曜日の予算特別委員会の際に、石原知事が「私がいつ辞めるか分かりませんぞ」と発言したが…

 「そうだねえ。いつ死ぬかも分からないもんね、そんなもの」

 −−その真意は?

 「あ? 人生はケ・セラ・セラじゃない? あなた(記者)だっていつ死ぬか分からないしさ。…ということよ」

 −−読み方としては、築地市場移転とかで…

 「いろいろ読み方はあるよ! どうぞ、いろいろ読んでくださいよ、ほんと」

 −−都民の真意を問いたいという気持ちでは

 「あー…。そういうとらえ方もあるでしょうなあ。私は考えたこともないけれども」

 −−青少年健全育成条例の改正案が都議会総務委員会で全会一致で継続審議となったがどう思うか

 「これね、私もちょっとね、まだ精読していないというか、詳細に考えていないんでね。18歳という年齢の規範というものは、今までの法令にかんがみてのことらしいんだけれども、そこら辺の兼ね合いがね、うーん…いろいろと誤解を受けているみたいだし。だから継続審議でね、いろいろな方がいろいろな心配や憶測もしているんでしょうけれども。そういう誤解を解いてね」

 「しかし、今あるああいう出版物への対応を好ましいと思っている人はいないと思いますよ。それを表現の自由とかね、そういうものを借りてまかり通らせるってことは、あっちゃいけないから法律案が出てきたのでしょうけれども。それ(改正案の)ちょっと作り方がまだ未熟というか。不本意でも周知徹底して、効果を上げて、決して言論の統制とか表現の自由を阻害しない形でね。まあ、ある程度制限になるかもしらなん。何でもかんでも良いってもんじゃないから」

 「だから継続審議する間にですね、いろんな人の意見を聞いて、誤解も解くことで、きちっとした条例に収斂(しゅうれん)していくことは好ましいと思う。あまり拙速にすることはないと思います」

 −−反対派は「規制の基準があいまい」などと危惧(きぐ)しているが、そういった部分を見直すのか

 「そうですね。好ましいと思います」

 −−反対派には、表現について行政が規制すること自体に懸念する人もいる

 「表現というのは、ピンからキリまで幅が広いですから。マキシマムに近い表現っていうものが、社会的に大きな害悪をもたらしているなら、規制されるべきじゃないですか。とんでもないものを描いたり、自分の幼気(いたいけ)な子供の局部を撮って売り物にする親も。それが親としての愛情といわれればそうかもしれないが、まかり通るものと通らないものがあるからね。常識的にそういったものの範疇(はんちゅう)を決めることは重要だと私は思いますよ」

 −−改正案の特徴である漫画などで描かれる架空の子供「非実在青少年」であっても規制を明記する必然性があるのか

 「架空の表現、映像、イメージはいろいろあるだろうね。私は残念ながらね、対象となっているものは読んでもいないし、見てもいないのでね。幸い継続審議になりましたんで、そういう物件に対して僕自身の目で見届けてね。まあ自分で買いに行くつもりもないから、君(記者)あたりが提供してくれよ。参考にするから」

 −−氾濫(はんらん)する漫画やアニメなどが青少年に害悪を与えている状況があるのか

 「ありますよ、そりゃ。ないと思う方がおかしい」

 −−(影響があるということの)科学的な根拠が委員会でも議論になり、根拠が示されなかったが…

 「表現っていうのは口頭じゃなくてね、『こういうものがあります』って見てみたいんですよ。ちょっと買いに行くのは気が引けるからね。君、ぜひ、おれに届けてくれよ。それみて判断するから。それじゃ」

【関連記事】
都の「2次元児童ポルノ」規制条例案が全会一致で継続審議
2次元児童ポルノ規制で橋下知事「大阪府も検討」
アニメ、漫画の児童ポルノ規制で都議会が混乱
18歳未満にみえるキャラ=「非実在青少年」?
東京都の2次元児童ポルノ規制、ちばてつやらが反対の記者会見
20年後、日本はありますか?

組織改革、見直しに着手=防衛省(時事通信)
緊急合同就職面接会 東京商工会議所(産経新聞)
消防機関の新型インフル対策で報告書−消防庁(医療介護CBニュース)
福岡切断遺体、女性帰宅後連れ去りか(読売新聞)
押尾学、接見弁護人に弱音 ファンの差し入れ「支え」(産経新聞)
posted by オオクマ ヤスオ at 19:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

<未成年者略取>2歳児連れ去り…12時間後に保護 東京(毎日新聞)

 東京都東久留米市のショッピングセンターで17日夜、男児(2)が見知らぬ男に連れ去られる事件が起きていたことが分かった。警視庁捜査1課と田無署が行方を捜していたところ、約12時間後の18日午前7時ごろ、北区のJR田端駅の構内で男児を無事保護した。男児にけがはなかった。捜査1課は男児と一緒にいた50代の男から事情を聴いており、容疑が固まり次第、未成年者略取容疑で逮捕する方針。

 捜査1課によると、男児は17日午後7時25分ごろ、東久留米市の「イトーヨーカドー東久留米店」で父親が目を離したすきに行方不明になっていた。男は男児を連れて電車で移動したとみられる。男は事情聴取に「かわいかったから連れ去った」と話しているという。【神澤龍二】

【関連ニュース】
国分寺死体遺棄:監禁容疑で男6人逮捕
栃木遺体遺棄:2被告を逮捕監禁致死で追起訴 鹿児島地検
石巻3人殺傷:つかみかかられ刺した…少年、正当防衛主張
捜査怠慢訴訟:2審も死亡の因果関係を認める 賠償を命令
石巻2人刺殺:宮城県警がDVとストーカー被害再度検証へ

<証券等監視委>IT関連会社に虚偽記載の疑いで課徴金勧告(毎日新聞)
平岩、五木両氏が直木賞選考委員退任(時事通信)
二条城もネットで散策 グーグル画像公開サービス、32施設追加(産経新聞)
地デジ移行まで500日 難視聴対策衛生も稼働開始(産経新聞)
「開国博」入場券代金求め、旅行会社を提訴へ(読売新聞)
posted by オオクマ ヤスオ at 11:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

普天間、米側との調整優先=小沢氏訪米4月下旬−官房長官・時事通信インタビュー(時事通信)

 平野博文官房長官は12日夜、都内で時事通信社の単独インタビューに応じ、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について「まず米国がのまなければ話にならない」と述べ、米側との調整を優先させる方針を示した。鳩山由紀夫首相は5月末までに普天間問題を決着させる方針を表明しているが、決着しなかった場合でも「首相の責任にしては駄目だ」と首相の退陣は不要との見解を強調した。
 平野長官は、社民党が県内移設に反対していることに関し、「(3党連立合意に)普天間の見直しとは書いていない。県内移設絶対反対というのは連立合意とは違う」と指摘し、政府として県内移設を軸に取りまとめる可能性を強く示唆した。
 地元自治体に対しては「『これでのんでください』という進め方はできない」と述べ、複数案を提示して調整する考えを示した。キャンプ・シュワブ陸上部(同県名護市など)への移設案など具体的な移設先については言及を避けた。
 一方、平野長官は、小沢一郎民主党幹事長が4月29日ごろから4日間程度、「表敬訪問」として訪米する方向で日程調整していることを明らかにした。参院選に向けた民主党のマニフェスト(政権公約)見直しについては「勇気は要るが、参院は政権(を懸けた)選挙ではないので、そこは割り切ったらいい」と述べ、柔軟に修正すべきだとの認識を示した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

普天間移設 「徳之島」検討指示 首相、県外を重視(産経新聞)
「目が疲れる」「現場に近づけない」=サリン被害者、症状継続−事件から15年(時事通信)
<トキ襲撃>テン駆除に専門家が論争 生態系壊れる?(毎日新聞)
グループホームを実況見分へ=ストーブ周辺の洗濯物引火か−7人死亡火災・道警(時事通信)
<厚労省>グループホーム防火体制の徹底、全自治体に通知(毎日新聞)
posted by オオクマ ヤスオ at 18:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。