2010年01月15日

1890年に沈没トルコ軍艦、錨はどこに?(読売新聞)

 和歌山県串本町沖で1890年に沈没し、乗組員が地元住民らから手厚い救護を受けたトルコ軍艦「エルトゥールル号」の錨(いかり)(推定長さ4・5メートル、重さ2トン)の探索作業が8日、沈没地点近くの海底(水深約7メートル)で行われた。

 エ号にはオスマン帝国の使節が乗り込み、明治天皇を表敬した帰途に沈没。2008年からの遺品調査では、調理鍋など約4600点が見つかっている。

 この日は、これまでの目撃情報を基に、地元ダイバーら10人が沈没地点の南東約50メートルの海底を調べた。

Tシャツとキーケースも発見=ATMの男、月内にも立件へ−千葉県警(時事通信)
女川原発 プルサーマル発電の実施、国が許可 (毎日新聞)
橋下知事、対北強硬姿勢を訴え 大阪で拉致問題集会(産経新聞)
<量刑検索システム>誤入力新たに19件 10件が判決主文(毎日新聞)
同時改定に向け医療と介護の合同検討会を設置へ(医療介護CBニュース)
posted by オオクマ ヤスオ at 23:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。